サイトのタイトル、命名の為の4つの目安
2015-10-12
サイトのタイトル、命名の為の4つの目安

googleの検索結果に表示されるサイトのタイトルについて、キウチデザインではお客様と相談しながら決めますが、悩まれる方も多いので、具体的な指標をご紹介いたします。

(1)文字数について

何文字という決まりはありませんが、長いとオーバーした分「…」で表されるか、googleに自動的に書き換えられます。
できればこちらの狙った単語を見て欲しいですから、googleに書き換えられないよう、長々しいタイトルはやめておきましょう。
では適切な文字数は何文字かと言いますと、検索結果で表示される文字数が推奨されています。それが「32文字」という方もいますし、文字が大きくなったので、「27文字が良い」という方もいます。
必ず27文字に収まるとも限らないので25〜30文字程度で考えてもらえれば良いと思います。

ちなみにキウチデザインの結果をみる限りでは25文字でした。
キウチデザインのgoogle検索結果

(2)内容について

ページの内容をきちんと説明した文章にされる事をおすすめしています。
ページの中身とは関係なく狙ったキーワードを多く盛り込んだりする事はスパム行為としてペナルティを受けかねません。ページの内容が簡潔に表されているか?が大切です。
また、狙ったキーワードを多く盛り込みすぎて長くなっているようなタイトルはgoogleによって書き換えられやすくなっているようです。(※個人の主観です)

(3)適切な検索クリエを入れる

「内容について」の続きですが、当然、ユーザーが検索しそうな単語やフレーズは必ず入れましょう。(2)でご説明したように狙った単語を入れすぎるのは良くありませんが、ユーザーが欲しい情報を提供している事を示す適切なクリエは必要です。
具体的には「地域名と店名」「店名と取扱商品名」などはよくある検索クリエです。
※検索クリエとはユーザーが検索時に入力する単語・フレーズ(複合語)のこと

(4)狙ったワードはなるべく先頭に

当然ながらユーザーがこちらが意図した通り全部読んでくれるとは限らないので、読んで欲しい単語はなるべく先頭にもっていった方が良いと思います。
また、長い文は切れてしまうので、そういった面でもなるべく前寄りに簡潔にまとめる事を意識したタイトルがおすすめです。

サイト内検索
twitterタイムライン

広告