デザイン事務所のメリット・デメリット

経営に注力下さい。

販促を扱う業者さんは様々です。印刷会社、web制作会社、ノベルティグッズ販売会社、看板施工会社、のぼりやメニュー等のPOP制作会社など。一つの商品や情報更新に対し、それぞれの業者にその都度見積もりをとり、その都度PRの方針を伝え、スケジュールの管理等をする必要があります。 「販売促進企画部」「広告宣伝部」などに値するセクションをかかえる企業であれば別ですが、そうでない場合、このような管理業務を本業と合わせて兼務しなければなりません。手間ひまがかかる上、手の抜けない作業です。
そういった煩雑な業務をワンストップサービスでお引き受けできるのがデザイン事務所です。お客様は煩雑な業務から解放される分、マーケティングや経営に時間を割いて下さい。

広告に関わっている者の「第三の目」を活用下さい。

商品や情報をPRする際、時として自社への想いがかえって邪魔になる時があります。時間をかけ、努力を重ねた分、「お客様からの目線」をうっかり見逃してしまう場合です。多すぎる説明が、かえってサービスの内容を分かりにくくしてしまったり、大げさな表現がお客様に誤解を与えたり。
消費者側が商品価値を判断する以上、デザイナーはお客様の目線をクライアントに伝えます。クライアントにとって必ずしも良い事ばかりをお伝えする事にはなりません。良い事も、悪い事も、販売促進のために、御用聞きに終わらないのがデザイン事務所です。

ハードとソフトを使い分けることも可能です。

ブランディング構築の為にもデザイン(ソフト)は、できるだけ振り分けないで頂きたい。その為には、お客様のお付き合いを尊重いたします。例えば会社同士で長いお付き合いがある業者さんを使いたい等、お客様のご希望に応じて制作会社(ハード)をご指定いただく事も可能です。
※印刷物に関しまして、只今データだけのご依頼はお受けしておりません。詳しくはお問い合わせください。

値引きには限界があります。

印刷機やシルクスクリーンなどハード機材は持っていません。ですから原価でのご提供はできませんし、値引きにも限界があります。その分、印刷機の特徴、得意不得意を判断し、適切な価格でご提供できるよう様々な業者さんとの連携を図っています。またお客様のご希望に沿うクオリティを選ぶ中、数社の合見積を検討いたしますので、不当な上乗せを未然に防ぎます。

デザイン費があります。

静岡東部では「デザイン費」という項目をあえて記載しない業者様も多くいらっしゃいます。ではその費用は「0円」なのでしょうか? 宣伝広告物には目的があります。物ができあがることが目的ではありません。「より多くの人に伝える」ことが目的です。デザイン費を項目として出さないものに、その目的が果たせるのでしょうか?

大手代理店との違い。

制作者が直接、お客様の話を伺います。間に人を介さない為、よりお客様の意向が反映されやすい紙面またはページネーションとなります。Webに関しましてはサーバ維持費や独自ドメイン費など、お客様ご自身で管理して頂けます。メンテナンスや管理費など月額費用を頂く事もございません。もちろんご希望があればメンテナンスや更新など、ケースに応じて対応もいたします。

ビジネスに差をつけるデザイン事務所を活用下さい。

チラシ、ポスター、名刺、パンフレット、メニュー、看板、ホームページ、ブログ…情報発信の手段も手法も選択肢が増える中、地方だからこその「表現」と、「表現のクオリティ」はビジネスに差をつける1つの戦略です。
サイト内検索
twitterタイムライン

広告