その発行物、お役目果たしていますか?

御社の発行物であることが明瞭ですか?

発行元の明示は信頼感を与えます。
社名やロゴ周りはスッキリとしたデザインがベターです。

複数の発行物に「統一感」がありますか?

どの発行物(紙・web)を見てもすぐに御社をイメージできることがベストです。

誰に対しての情報か、はっきりしていますか?

男性向け、女性向けなど誰に伝えたいかをハッキリとさせる事が
「情報の浸透力」を左右します。

人の視線の動きには特徴があります。
左上から右へ。左下へと移動し、右隅へと動くZの法則。
またウェブサイトを閲覧する際にはFの文字のように動くという特徴があります。
人の視線に合わせた配置や、逆に逆らった配置。それぞれの特徴を生かす事でデザインをより効果的に見せることも可能です。

訴求力のある内容となっていますか?

たくさんの情報を入れすぎると、
本当に訴えたい内容がかすんでしまう場合があります。

色の使い方は適切ですか?

習慣的な連想を利用、または配慮した色遣いが、誤解のない伝達に役立ちます。
例:赤は警告として使う色など

統一された表現で情報を発信していますか?

用語などは統一した表現をし、ユーザーが混乱しないよう配慮します。
例:「お客様相談室」と「お客様窓口」など
紙媒体は統一表現することで読みやすくします。
webの場合は「表記のゆれ」をSEOに利用する場合があります。
例:「web」と「ホームページ」など
この他にも配慮すべき点がケースバイケースであります。またデザイン以外にも発行物の設置場所、発行のタイミングなども重要なポイントです。情報はただ流す事が目的ではありません。
問題は「どれだけ伝わるか?」、「情報の浸透力」です。そしてその「浸透力」が相乗効果を生み出す生きた広告へと繋がります。
サイト内検索
twitterタイムライン

広告